マレフィセントが面白かった♪(ちょっとネタバレ気味)

話題のディズニー映画 『マレフィセント』を見に行ってきました^^

『アナと雪の女王』にドツボにハマって、Blu-rayも買ってもう何十回って見てるケド

全く飽きないから、マレフィセントはもういいかな・・・?って思ってたんだけど。

いや~、見て良かった^^

映像がきれいなのはもちろんだけど、ストーリーがいい!

マレフィセントってあの有名なストーリーと容貌から、『絶対悪』だと思って生きてきたのに、

それが小気味いいほどに裏切られた感じ。

 

ホントのマレフィセントはとても心優しい、素敵な女性だった。

そう、後に生まれた絶対的ヒロイン=オーロラみたいに。

けど、○○の裏切りによってその心は、醜い怒りや嫉妬に支配され『悪』になってしまう。

そしてあの有名なシーン、オーロラを恐ろしい呪いにかけちゃうんだけど・・・。

 

その後も何故か?いつもオーロラのそばにいるマレフィセント。

「本当に醜い子ね」とか何とか言いながら、お腹がすいてるオーロラに

そっと食べ物を与えたり、崖から落ちそうになるのを助けたり。

ホント、素直じゃない。

そしてあげくの果てには『あの呪いは間違いでした、取り消して下さい』とまで言っちゃう。

怒りに我を忘れて呪いをかけたけれど、オーロラの美しさと優しさに

そのことが間違いだったって気づくマレフィセント。でも呪いは解けないけど・・・。

 

成長したオーロラに姿を現し、オーロラと行動を共にするマレフィセント。

自分に恐ろしい呪いがかけられていて、そのかけた本人が目の前にいる

マレフィセントだとは知らずに打ち解け信頼するオーロラ。

でも誕生日が明日に迫った日、そのことがオーロラにバレてしまい・・・・・。

 

後半はもう、眠れる森の美女って、確か最後マレフィセントって殺されちゃうんじゃなかったっけ?

と不安になりながら見てましたが、マレフィセントがもう『愛の塊』なんです^^

オーロラに対する愛情も、憎んでいた人に対する最後の情けも。

 

そして今度のこの映画、オーロラは王子様のキスじゃ目覚めない!

『真実のキス』なんてない!それはオーロラにその呪いをかけたマレフィセントが

言ってます、劇中で。

自分も『真実のキス』をもらった。けど、その人に裏切られた、翼を取られた。だから。

でも、あったんですよ、真実の愛・真実のキスは。

 

どうしちゃったんでしょうね?アナ雪からのディズニー。

初めて会った王子様がキスをしてハッピーエンドだったディズニー映画に

知らず知らずのうちに慣らされていた私達は、『真実のキスは異性間の愛情のキス』

だと当たり前のように思ってました。

でもアナ雪もマレフィセントもそうじゃなかった。

そう、別に真実のキスじゃなくてもいいじゃん!真実の愛は男女間にだけあるわけじゃないんだ。

親子愛も兄弟愛も、ペットへの愛も、大きな真実の愛・・・・・。

 

マレフィセント、何故か途中涙が出ちゃうところとかもあって、本当に感動出来た

すごいいい映画でした^^最近、映画にはずれなしやな~~~。

絶対に姪っ子に見せよう!

この映像の美しさやストーリーは、きっと子供の想像力を広げてくれると思うし^^

マレフィセント、この夏超オススメです♪